食事療法というと、ついカロリー・糖質制限に目が向いてしまいますが、食生活の満足感と血糖コントロールの両立を考えると、糖質を量だけなく“質”で選ぶ視点も重要です。「スローカロリー」とは、糖質の小腸での消化・吸収速度がゆっくりであること。
ここでは、糖質の消化・吸収速度が、食後高血糖や肥満などに、どのような影響を与えるのかを考え、糖質が本来持つ性質を活かした「スローカロリー」な食生活による新たな食事療法の可能性を探ります。
09月25日
心不全は毎年1万人ずつ増加 心臓からのSOSを見逃さない 「心不全パンデミック」を回避
09月25日
コンニャク粉が食後の血糖値とインスリン値の上昇を抑制 予備群から糖尿病への移行を予防
09月25日
食欲ホルモン「グレリン」の謎を解明 なぜ食事リズムが乱れると運動不足に? 立体構造も解明
09月11日
「緑茶」に肥満・心臓病・脳卒中・認知症の予防効果 お茶を飲むシンプルな生活スタイル
09月11日
「日本食」は理想的な健康食 日本食の食事パターンで死亡リスクが低下 日本人9万人を調査
09月11日
ローヤルゼリーから骨量の減少を抑制する脂肪酸を発見 骨粗鬆症の新たな治療法につながる可能性
08月28日
大豆など「植物性タンパク質」が寿命を延ばす 動物性の3%を置き換えただけで死亡リスクが低下
スローカロリーラボ
   池田義雄先生
   (日本生活習慣病予防協会理事長)

  
このサイトに関するお問合せはコチラから