災害に備えて

阪神・淡路、中越大地震 当時の様子

 いつどこで発生するかわからない自然災害。とりわけ地震は突然起こり、 ライフラインや医療の崩壊をもたらす可能性があります。そのような自然災害に対し、 糖尿病患者さんや医療スタッフは、緊急時の備えや対処の知識が必要です。ここでは、 災害に備えるための情報や災害時の対処、糖尿病ネットワーク・アンケートでの患者さん・ 医療スタッフからの声など、関連情報をまとめました。

寄稿『はじめよう、災害への備え』

加藤光敏 先生(加藤内科クリニック院長)

  1. はじめに
  2. 避難所生活での注意点
  3. 糖尿病患者さんが準備しておきたい「非常用持ち出し品」
  4. 非常用持ち出し袋の準備
  5. 「加藤内科クリニック(東京都葛飾区)」の災害マニュアル
    (糖尿病・非糖尿病共通)
  6. この災害マニュアルは、加藤内科クリニック(東京都葛飾区)で3年前から使用しているものです。東日本大震災後、少し加筆いたしました。当院のある東京都・葛飾区をモデルとした記載ですので、お住まいになっている地域の現状に変えてお読み下さい。少しでも参考になればと掲載いたします。
     (院長:加藤光敏、看護師 金村幸枝、森川よし子、酒井久美子、臨床検査技師 荒川栄美)
    PDFでご覧ください。

災害関連情報

  1. 阪神・淡路、中越大地震の教訓
  2. 災害時非常用キット
  3. 災害時の食事
  4. 医療機関でのマニュアル作成
  5. 糖尿病患者さんのための「災害手帳」
  6. インスリン治療にも危機管理を
  7. 避難所での「健康運動」
  8. 避難生活における注意点
  9. インスリン製剤・インスリンポンプで困ったとき

災害関連ニュース

2011年東日本大震災

アンケート

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2020 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

このページの
TOPへ ▲